結婚や就職を機にオリジナルで作りたいとか、役所に登録出来る印鑑が欲しいと思っても、どこに頼めばいいか分からないことがありませんか。専門店が最寄りにない場合は、通販で作成するといいでしょう。店舗によって、購入しやすい価格の印鑑が揃っていたり、こだわりの高級素材を扱っていたり、丈夫で長期間の保証が付いていたりします。すぐに欲しい方のために、即日発送も可能な店舗もありますので、利用者のニーズに合った店舗を選ぶといいでしょう。珍しい字を使った名字の方や、字数が多い場合も対応してもらえる場合がありますし、外国の方向けにアルファベットの印鑑にも対応できる通販ショップもあります。様々な店舗を見比べて、自分の希望に合うと思われる通販ショップに注文してみるといいでしょう。

実印を作成する時のポイントと注意

実印は役所に登録をして、重要な書類や契約書に押印する時に使うものです。役所によって細かい違いがありますが、他人と重複した印鑑でないこと、印鑑を押した場合にそれぞれの辺が8mmから25mmの正方形の範囲に収まること等の制約があります。決められた大きさに対応できるのはもちろんですが、他の方と同じにならないように、手彫りで印鑑が作られていることが重要になります。珍しい名字の方は他の方とかぶることは少ないと思われますが、地域で同じ名字の多い方は、特に注意してください。女性の場合は、結婚を機に名字が変わることが多いので、名前だけの実印の方がいいと思われるかもしれません。しかし、役所によっては、フルネームでないと認めないことがありますので、通販で発注する前に住所のある役所に確認するようにしましょう。

印鑑の材質は何を基準にして選ぶといいか

通販ショップでは、様々な素材の印鑑が揃えられていることがあります。迷う場合は、通販ショップに用途に応じてお勧めの素材が記載されていますので、参考にするといいでしょう。メールで相談にのってもらえることもあります。実印に利用する場合、丈夫な素材で長く利用したいと考える方も多いでしょう。丈夫で摩耗しにくいチタンなどの金属製のものや、水牛の角などが適しています。木材では、樺などの固くて長持ちする木材を勧められることもあります。女性向けの、装飾が多くてデザイン性を求める印鑑の場合は、木材に加工が施されたものや硬質プラスチックが適していることがあります。印鑑の文字も丸みを帯びた柔らかい字体で刻印されているものが多いです。子供や孫の入学祝いにも適している場合があります。