印鑑は書類を作成する際だけでなく、荷物の受け取りなどの場面でも必要な、生活には必ずなくてはならないものです。印鑑には種類があり、その種類ごとに使用する場面や、使用頻度も変わってきます。また、その種類によって価格も大きく変わってくるので、必要な種類をきちんと把握して作ることが大切です。最近ではインターネットの通販サイトもたくさんあるので、店頭でのオーダーよりも安く、また素材の種類も豊富になっています。印鑑に使用される素材は色々ありますが、種類によって適している素材も異なります。大きさや、素材、また彫る文字、書体などたくさんの決め事があるので、間違いの内容に注意してオーダーすることがとても大切です。貴重な印鑑を失敗なく作れるようにしましょう。

印鑑の種類と通販でのオーダー方法

印鑑の種類には、実印、銀行印、認印、シャチハタと簡単に分けても数種類に渡ります。他にも、会社を経営している人の場合には、会社名などが簡単に押印出来るような社印などもあります。通常必要と思われる、実印、銀行員、認印は大きさや彫る書体が異なります。通販でオーダーする時には、目的に応じた大きさや書体を選択することが大切です。また、オーダーするときに注意したいのが、文字に間違いがないか、また文字数が合っているかなども確認しておきましょう。インターネットでの通販を利用したオーダー方法は、ホームページなどから専用のフォーマットに沿って入力を行っていきます。印鑑のベースとなる素材や、名字だけなのか、フルネームなのかなどの、彫る文字数、字体などを指示していきます。

通販で印鑑をオーダーするときの注意点

通販で印鑑をオーダーするときの注意点としては、オーダー内容に不備がないかという点です。まずは、文字や字体を細かくチェックしましょう。旧漢字などを使用している場合には、特に間違いがないか確認したほうが良いでしょう。他にも、素材によっては、天然素材なので柄の出方が見本の写真と異なる可能性があるという点です。色の濃淡が大きく異なるので、そこも踏まえてオーダーすることが大切です。他にも、サービス面ではチェックが必要です。例えば、送料が業者負担になっていたり、印鑑を収納するためのケースがおまけで付いてくる場合もあります。送料に関しては、高価なものなので追跡のできる方法で送られて来ることを確認しておきましょう。また印鑑ケースは必要になるので、一緒に購入しておきましょう。