以前は、印鑑というものは認印なら、はんこ屋さんや文具店で大きなケースのふたを開け、自分の名の印鑑があるかと探すのが普通でしたね。一生懸命探しても珍しい名前の場合、やっぱりなかったと残念に思い、あきらめてほかの店に行ったり、やっと見つけても、書体が気にいらないなあと思ってもそれしかないからまあいいか、と購入してしまうのが普通でした。高額にもなるし、わざわざ注文して作るほどでもないと、多少字が違っていてもまあいいかと購入してしまったり。本来印鑑は本人を表す、とても大切なもののはずなのに、選ぶ余地が全くなかったのが普通でした。それがネットというものが広がり、初めは言葉を調べるというくらいでしたが、通販を利用し、買い物をするのにも、とても便利な手段になりました。

それでは、いよいよ選んでみましょう

通販のいいところは、写真や説明書きで、じっくりゆっくり他のものと見比べることが出来るという点があります。何時間かけても何日かけてもいい、自分の納得がいくまで、選ぶことが可能です。おうちですでに使っておられる印鑑を出してきて、それのサイズを測ってみたり、字体を見たりしながら一番好みにピッタリなものを選んでいきます。まず注意すべきなのはどういう場合に使うかということです。認印なのか銀行印なのか実印なのか。それぞれ、ふさわしいサイズも書体も材質もありますから、まずそれを確認してください。丁寧にそれぞれ、絵や写真で説明してありますから、ゆっくり、必要、かつ、お好みの物を見つけ出してください。持ちてに装飾を施した美しいものもありますし、万華鏡のような、透明な中にキラキラしたものが入っているなどの商品もあります。

1つのお店でこれがいいと選んでみたあとも。

他のお店のページもみてみましょう。又全然違うデザインのものや、そっくりだけど、キャンペーンなどで値段がお安くなっているものもあり、とことんいろんなお店を回って見比べるのもお勧めです。通販のいいところは歩くわけではないので足が疲れないし、しつこく店員さんに付きまとわれることがないという点もあります。それと、女性におすすめの印鑑というのがあります。名字ではない、名前だけの印鑑です。結婚すると今までの預金通帳は皆、名義変更をするために、金融機関に持っていかねばなりませんが、名字が変わっても名前の印鑑を銀行印にしておけば、ずっと使い続けることができます。名前の印鑑を可愛らしいお気に入りの持ち物として1つ購入しておくと、とても便利です。最後になりましたが、送料等の確認もお忘れなく。小さく軽いものなので無料のところも多いです。1週間くらいでお手元に届きます。お楽しみになさってください。