印鑑は重要な局面で使用することが多いものです。実印など、一生涯で唯一の印鑑というものもあり、書面によってはふさわしくない印鑑もあります。印鑑は今までは専門のお店に行って注文するのが当たり前でしたが、近年ではインターネットの発達に伴う販路の拡大で、通販で注文できるサイトが増えてきました。便利になった反面、技術や信頼性といった部分ではまだまだ疑問点があります。また、注文したものと違うといったトラブルもよく聞きます。そういったトラブルへの対応も通販では店頭販売に比べるとまだまだ追いついていない部分があります。専門店に行って注文するのか、インターネットの通販で購入するのか、予算と必要な場面との両方を加味して、しっかりと考える必要があります。

印鑑を注文するときに注意すること

印鑑を注文するときにはまず材質を決めるところから始まります。象牙からチタン製まで様々な材質で印鑑は作られています。値段も材質によって大きく変わります。次に考えることは書体と印鑑のサイズです。印鑑の書体は使用する場面ごとに要求されるポイントが変わります。偽造のされにくさや読みやすさなど、それぞれの用途によって最適な印鑑の書体というものがあります。また、同じ書体でもお店によって特徴が出るので、お店ごとにかなり変わります。最も重要なポイントでもあるため、複数のお店の印鑑を比べてじっくりと考えることが必要になります。サイズも書体と同様です。求められる場面にふさわしい大きさの印鑑を選びましょう。場違いなものを押してしまうとケースによっては書面が認められないという事態も起こるので、しっかりと用途を確認することが大切です。

店頭販売と通販による違いと注意点

店頭販売では逐一疑問点が上がるごとに店員が解説をしてくれ、最適な印鑑を購入できるように導いてくれます。通販の場合だとすべてを自分で決めなければならないため、ヘルプを参照にしてもわからない部分はわからないままになってしまいます。また、通販では技術や信頼性などという項目よりも安さを重視する傾向があります。認印など気軽に使う印鑑の場合は良いでしょうが、唯一無二となる実印などを注文する場合は店頭販売でしっかりとアドバイスを聞きながら注文する方が安心できるでしょう。納品までのスピードは圧倒的に通販の方が早いです。注文して2日後には校正の書面がファックスで届き、1週間以内には商品が届きます。店頭販売の場合ですとどうしても様々な確認作業に時間がとられてしまうため、通販よりも時間がかかってしまいます。